印刷デザインプラス通信

広告や印刷に関する情報をお届けします

擬似エンボス印刷はどんな顧客に合うか?

「擬似エンボスはどんな顧客に合うか?」とよく展示会出展時に聞かれましたのでまとめてみました!

向いている製品

まずはどんな製品に合うか?です。

擬似エンボスの特徴はやはりなんといっても「ツヤ感」「光沢感」それらによる「高級感」かと思います
普通のカラー印刷に比べれば間違いなく印象が違うはずです。

そう思うと自社で展開している製品の中でも以下のような製品に使っていただくと、ユーザー様にも価値が伝わりやすいと思います。

●「ハイブランド」
●「高級品」
●「新製品」


また製品を売り込む貴社の営業さんにとっても、製品パンフレットや、パッケージに力が入っているとわかると、売り込む気持ちも強くなります!

向いている業種

同じ理由で、高級品を扱う業種の方々からの引き合いが多いように思います。

●「自動車」
●「航空」
●「部品製造」
●「不動産」
●「宝飾品」
●「化粧品」
●「クールジャパンブランド」
●「スポーツ」


このあたりの業種でしょうか。

「安いもの」より「高級品」
「常に扱う商品」より「限定品」
「可愛い」より「カッコいい」
上記のような傾向があるように思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「どちらかというとこんな傾向があります!」という事で、紹介させていただきました。
勿論、可愛いデザインで作るケースもあります。当社のサンプルで作った猫ちゃんのクリアファイルは展示会でも一番人気でしたよ。